MaxとHarrasの春夏秋冬

〜ゴールデンレトリバー マックス・ハラス兄弟のアルバム〜

rose

Post

ワタシがやらなくて、ダレがやる??

2017
05
18
ring
こんばんは♪


マクハラ母です~~~


昨日の記事に、沢山のおめでとうをありがとうございました!


競技的には、今までで一番ミスも多く、
大した結果でもないのに、
あんなにおめでとうと言って頂けるなんて、、、ううっ・・・感涙


ある意味、
本部の時よりも、心にしみる嬉しさをかみしめております。





s-DSC07709 (1)





感涙して、、、


早速コメントへのお返事書くぞ~~~ッッ!!
と、勢い込んでPCに向かったら、、、


あり??
マウスが動かない??、、、


機械音痴のマクハラ母さん、、、
ヨドバシカメラに電話したり、新しい電池を買いに行ったり、、、
3時間近く格闘し、時すでに午前零時半。。。

「あ~~~、もう今日はブログお休み!
とあきらめてPCを閉じようとしたら、いきなりマウスが動き始めました。。。



なにこれ・・・?

イジワル??
 



マウスが動かないから、今日はブログはお休み!

という大義名分は立たないわよね、、、動くんだから、今。。。




まじ

今から書き始めたらまた3時になるけど。。。





s-DSC07693 (1)




ってな事情がございまして、、、


コメントを頂いた
タロウの母さん、さとごろうさん、ウチミル先輩
よっしー父さん、セレモコ母さん、アンジェママ、たまみ先輩


おめでとう、を本当にありがとうございました!

本日、個別のお返事ができそうもないので、
取り急ぎ、この場で御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!


※個別のお返事は、もうちょっと待っててくださいね~~~(^^)/





s-DSC01549 (1)





さて、本題。。。



マックス君、不調です。


これは競技的な意味でありますが、、、

その原因を探ると、もしかしたら、
栄養面、精神面などの体調的なものもあるのかもしれない、と考えております。





s-DSC07505 (1)-1




日曜日のダブルコマンド、、、
あの時のマックスは、確かにおかしかった。


どんなによそ見をしていても、
興奮していて走り回っていても、、、
母さんの声が、まったく聞こえなくなる子ではないハズ。。。


あの時、
掛け軸に描かれた絵のようなマックスは、
ガラス玉のような目で、瞬きもせずこちらを見つめていた。


つまり、、、

見てはいるけど、
彼の瞳には何も映っていないような目・・・だったのだ。





s-DSC07526 (1)





3科目の招呼までは、
いつもよりハイテンションで、どうしたのかと思うくらいのハイパーさ。


そして、、、
4科目の伏臥から一気におかしくなった。


一瞬にして、
電源を落とされた電化製品のように、
全くウンとのスンとも言わなくなってしまったような印象だったのだ。


どう表現してよいかわからないので、
「幽体離脱」という言葉を使ってみたのだが、、、


魂に置き去りにされた実態だけがそこにある、というような感覚を覚えた。



3科目めまで、確かに3次元という空間に存在していたマックスが、
4科目め以降、突然2次元の世界に移動してしまったような、、、


4科目め以降、
絵に描いた2次元のマックスと競技しているような、、、
そんなヘンテコリンな感覚だったのだ。。。



これが、、、
10ⅿ離れて対峙していた指導手としての私の感想だ。





s-DSC07522 (1)





次の競技会まで1週間しかない。
理由を探ろうにも時間がない。


と、焦っているところに、


競技会翌日から、激しくお腹をくだしてしまったマックス。
体力温存のため、ここ3日は練習を控えている。


彼の奪われた体力の回復を最優先に考えると、

たぶん、
次の競技会の日曜日までには、ほとんど練習できないだろうと思う。





s-DSC07501 (2)





あの感覚のマックスと、、、

この1週間何も練習することが出来ずに、
埼玉で競技する自信が、今の自分にはない。


彼が、リンクで全く動かなくなるような気がしてならないのだ。。。




思えば、、、

動きも良く、比較的安定していて、
何を考えているのか、どうしてそうなったのか、
がわかりやすいハラスに比べると、、、

マックスは何から何までわかりにくい。
ワタシが苦手とする「不思議ちゃん」タイプなのかも知れない。




そう言った意味で、
ハラスのほうが、
ワタシにとっては競技会向きのワンコなのかもしれない。


ハラス1頭の出陳に専念したほうが、
より良い結果が出せるのではないか、と思うこともままある。



今なんか、まさにその時期だ。





s-DSC02617 (1)




一気に手探り状態に陥ったマックスと、
一緒にリンクに立つことによって、大きな精神的ダメージを受けるくらいなら、


今回はマックスは棄権させようか、、、
そして、ハラス1本にシボッて臨もうか・・・


そんなことを考えてしまう自分がいる。。。





s-DSC02623 (1)




昨日の記事のモコのくだりを書きながら、

「セレモコ母さんは偉かったよな・・・」
と、しみじみ思った。。。


これまで、、、
CD1で6戦もガンバって来て、、、
ただの一度もポイントすら取れなかったモコを、決してあきらめなかったセレモコ母さん。。。

セレナだけに集中する、という選択肢だってあったはず・・・



そんなことをウジウジ考えながら、
動かないマウスと格闘していたら、

北海道のたまみ先輩から、昨日の記事にコメントを頂いた。



「この子は競技に向いていない」と言う言葉を時々耳にするけど、
一緒に努力することを諦める時の言い訳じゃないかと思ったりします。

諦めることなくコツコツと努力を積み重ねたご褒美に、
ポイントがもらえたり席次に入ったりするんだと思うのよ。

でも、本当はそこでは無く、
人犬一体となって、目標を持って積み重ねる時間の濃さを味わえることが一番なんじゃないのかな。」






s-DSC07552 (1)-1





胸に響いた。。。


何故だかわからないけど、、、

ペットショップからこの家に迎えた時の、
おどおどと小さかったマックスが思い出されて、無性に泣けた。





s-DSC06353 (1)





ワタシは、何のために訓練競技をやっているのだろう?



ポイントを取るためか?
何が何でも1席を取るためか??


そうじゃない、
違うだろ?


そりゃあ、
出場するからには、一番高い表彰台に登りたい、
という気持ちがあるのも嘘じゃない。

ここまでポイントを落とさずやってきたキロクを落としたくない、
という気持ちが働いてしまうことも否めない。


でも、
それだから、(自分にとって)競技犬として扱いにくいマックスをあきらめて、
ハラスのみと高いところを目指してゆくのか??


違うだろ。
そんなのゼンゼン違うだろ??






s-DSC07586 (1)





ワタシはマックスをあきらめない。


マックスを置いて、
ハラスとだけ良い成績を残し続けていくことになんぞ、


なんの意味もない。



たとえ、、、

リンクの上で、マックスが全く動かなくなってしまっても、
目も当てられないような無様な姿を晒すことになろうとも、

マックスとの競技生活を削除することなんか出来やしない。



それは、
彼が生まれ持った、彼の無限の可能性を、
飼い主であるワタシ自身が、葬り去ることに他ならないのだから。



彼には、ワタシしかいないのだ。
彼の可能性を開花させてくれる他のダレかのところへ、マックスが行けるわけではないのだから。



ワタシがやらなくて、ダレがやる?!





s-DSC07588 (2)-1
<2,017/05/14撮影>



母さんは君をあきらめない。


埼玉では、最悪のリンクになるかもしれない。
それでも、それを誇れる飼い主にならなくちゃいけない。


なのに、醜い煩悩がいっぱいで困ってるんだよ。。。


シーズン最後に来て、試練だなぁ・・・



げっ、また3時だよ、3時・・・まじキツイわぁ
土壇場に来て迷走を続けるマックスと母さんにポチッとぷりーず


にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

wax

遅くなりました。(汗)

マクハラママ、みなさま、お疲れ様でした。そして、おめでとうございます!

色んな葛藤や壁を越えて どんどんステキになってく マクハラママ♪
これからも応援しています(#^.^#)

そうです!
『私が やらなくて、誰がやる!?』です。

ピンチはチャンス!(と、私はいつも思っています。)
と思って、前進前進^ ^

2017/05/18 (Thu) 06:44 | ヨッピー #vyoMVCxU | URL | 編集 | 返信

wax No title

昨日の記事のコメントで、たまみさんの言われた「でも本当はそこではなく~」ほんとうにそのとおりだと思います。人犬一体となって努力する、もちろんリーダーは人だけど犬もチームメンバーの一員としてリーダーの命令に従い、共にひとつの目標に向かって何かをやろうとしている。

犬はペットとして一緒に暮らすだけでも、人の暮らしに寄り添って人を楽しませ幸せにしてくれるけど、みなさんの挑戦している「訓練」は人と犬がこれまで生きてきた長い歴史の中で、人と犬がお互いを認め合って共に助け合って生きてきたことの一番わかりやすい表現のように思います。

2017/05/18 (Thu) 06:52 | よっしー #Tipl/IsA | URL | 編集 | 返信

wax No title

おはよん!日曜はお疲れさまーー❤︎表彰台、桃なのね!いいな!桃。←そこかよって、、、、?笑

あのね、前にある人にこんな事言われた。
レイが二席とった時かな。
レイくんが居るんだからチロちゃんは競技させる必要ないんじゃない?ってね。
確かにチロは競技的には向いてるか向いてないか
って言ったら、、、あの巨体と大人しい子だから、向いてない訳だよ。

だから、言ったのよ。
私はチロとも競技会楽しんでるよーって。
チロと毎日練習してしんどい思いもして、、、
けど、結果出なくてさ。
私は練習する過程が好きなの。チロと一緒に頑張って作り上げる。
そーゆうのをやりたいから。って。

チロあってのレイくん。
レイくんあってのチロ。

マクハラ母もさ、
マックスあってのハラス
ハラスあってのマックス
でしょ??

犬に対して差別はしたくない。レイが競技やってんのにチロはやらないのは違う。
チロが競技をこれからやらせない。なら
レイもやらせないよ、私は(^^)

向いてない。からやらない。

そんなヘナチョコ指導主にはならんでね!!


2017/05/18 (Thu) 09:09 | まりえ #- | URL | 編集 | 返信

wax

私は初戦で凹んで「向いてないかも。」と、チラっと思ったクチです。(笑)
それは、ウっちは物凄くビビリだと思っていたから。
ヒトや他犬が沢山いる競技会、リンク自体がストレスになるんじゃないかと・・・。
でも、本当は違ってた(笑)思いの外、ずぶとかった!
始まるまではオドオドしていても、やり始めると開き直る。私そっくりだと気が付いた(笑)
あの初戦で諦めなくて本当に良かったと思っています。(笑)

訓練性能云々ではなく、精神的に競技会自体がストレスになる子は止めたほうが良いと思う。
訓練性能はバツグンに見えるのに、本当はリンクが怖くてコワくて仕方が無い子の服従は見ていても辛かった記憶があります。
精神的に向いていない子はいると思うけれど、
でも、マックスくんはあんなにリンクを楽しんでいるのだから、大丈夫ですよ!

いつも思うけれど、何が出来るのが大切なのではなく、出来るようになるまでのプロセスが
何より大切。
犬と向かい合ってきた時間が、何よりの宝物。
マックスくんの事は、マクハラ母さんが一番良く分かってるはず。
それはその日のリンクだけで判断せざるを得ない審査員の先生だって適わないと思う。

良い時も悪い時も、全部ひっくるめて大切な時間です。
特に、悩んでいた時間と、それを乗り越えた時が一番心に残ってる。
今、思い返すとね、本当にそう思います。

まだまだ始まったばかり♪ 頑張って下さいね♪

2017/05/18 (Thu) 10:26 | ウっち&ミルママ #kKFqJh/. | URL | 編集 | 返信

wax

うーーーーん!
感動した!!
文章の端々から決意がにじみ出ておりますな、、!

、、、残念でしたね、、マウスが動いて、、(笑)
おかげで寝不足ではないですか?
お肌の大敵ですぞ、、(笑)

なにわともあれ応援しておりますぞ、、!

2017/05/18 (Thu) 12:32 | マイロおやじ #gYSkIcEc | URL | 編集 | 返信

wax

大変遅くなりました。(^^;
マクハラままさん、マックスくん、ハラスくん、おめでとうございます!

競技を続けていくと、いろいろ思い悩まれたり、考えたりされることも増えてくるのでしょうね。

我が家はまだ全然そんな域ではないですが、今回ペシュを一時期見てくださっていた先生に、
競技会に出てこうだったとお話ししたお返事に、毎日ペシュとどう向き合ってきたかがとても大切でこれからもそう・・って言われたのです。

ままさんのお気持ち、素晴らしいなぁと思いました。
そして、訓練を続けることで、自分のわんこのことをこんな風に知ることができるんだ!と感動しました。
お散歩で会う飼い主さんの中で自分の愛犬のことをここまでわかっている飼い主さんが何人いるでしょう?

私達もままさんみたいになれるように(まだまだ先ですけれど・・(^-^;)続けていきたいと思いました。

2017/05/18 (Thu) 14:14 | ペシュまま #- | URL | 編集 | 返信

wax 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/18 (Thu) 21:08 |  # |  | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open