MaxとHarrasの春夏秋冬

〜ゴールデンレトリバー マックス・ハラス兄弟のアルバム〜

rose

Post

遊びをせんとや生まれけむ~千葉ブロック訓練競技会(2018.01.28)~

2018
01
31
ring
1月28日(日)
千葉ブロック訓練競技会
【会場】野田市スポーツ公園




さて、、、


久しぶりの競技会記事ですが、

今回は競技会記事には珍しく、
少々ネガティブな感情の描写から入らせて頂きたいと思います♪



こんなネガティブな一瞬の感情など、
割愛してしまったほうがよさそうなものなのですが、、、

今回ばかりは、
この「ネガティブくん」が、、、
思いがけない働きをしてくれたように思えますので、ちょっくら書いてみようかと・・・(笑)



それでは、、、
参りましょう!






s-DSC02026 (1)
<2018/01/28撮影  到着直後のリンク全景>





午前
2時30分起床




4時出発



早朝でスムーズに走れすぎ、6時の開門より早く着いてしまいそうだったので、
途中、時間調整をしながら走り、、、



6時15分  会場到着
   



明け方の骨身にしみわたるような寒さを噛みしめながら、
真っ白に残る雪の上をマクハラ、セレモコそれぞれ1頭づつ時間をかけて散歩。

排泄を済ませてから、しばし車で暖を取った。



7時15分  受付を済ませてくれたワンコ先生と合流






s-DSC02128 (1)







ワンコ先生から出陳名簿を受け取り、出陳順番をしらべると、、、


なんとまたしても
ハラスが出陳順1番め!




2頭出陳している人が少ないのはわかるが、

マクハラ母さんに関して言えば、
これまでの出陳回数10回のうち、
1番が4回ラストが1回。。。(←ラストもラスト33番目よっッ)




2頭の出陳が重ならないよう考慮してくれているのはわかるのだけれど、、、

50パーセントの確率で「不利」と言われる1番めラストは、、、
いくらなんでも、、、もうちょっと考えて欲しいよな~~~




ちなみに、
まりえちゃんが教えてくれたところによると、、、

前回出場できなかった神奈川の競技会については、
ハラスが1番目、マックスがラスト、という、

これまた究極の、

「ちょっとぉ~~~、カンベンしてよぉ~~~」

的組み合わせだったらしい。。。




毎回誰かが1番めにならなければいけないし、
誰もが1番めになる可能性はあるのだろうけれど、、、
2回に1回、50%!ってのは、ちょっと確率が高すぎないかっ??!






s-DSC02061 (1)
<2018/01/28撮影  セレモコ母さん渾身の褒めをガン無視のモコ(笑)>




得点競技では、
どうしても1番手は点数が抑えられやすく、1席を取るのが難しい、、、


多くの先輩や友達、
そして、彼女たちの訓練士さんたちも同様の見解を持っているところをみると、、、


あながち「気のせい」とばかりも言えないだろう。





s-DSC02152 (2)
<2018/01/28撮影  「今回もやらかしますっッ♪」 、、、のマックス>





満を持した今回の競技会、


しょっぱなから、
「ハラス、1番手!」のニュースに、、、


「今回はリンクに上がれさえすればラッキーなのよ♪」
と思い込もうとするも、、、

やはりテンションが下がるのが否めないマクハラ母さん。。。




「なんだかいつもこれじゃ、
2頭出陳する限り、毎回不利じゃないですか~~~



と、、、
ワンコ先生にちょっと八つ当たり。。。(笑)





s-DSC02129 (1)
<2018/01/28撮影  「ボクは楽しければ何番でもいいよ♪」、、、のハラチ>





どんなに綺麗ごとを並べてみても、
「競技」と名のつくものに参加する限り、


やるからには、
そして、頑張ってきたからこそ、、、
1番高いところに立ってみたい!


みんながみんなとまでは言わないまでも、
そんな気持ちが起こるのが人情ってもんだ、とワタシは思っている。



マクハラ母さんだって、同じだ。

やる前から、
「結果にはこだわらない」
とはどうしても思いにくい。。。





s-DSC02080 (1)





今回は、
「出られない」流れを打ち破り、、、
リンクに上がれさえすれば勝利!


つい2時間前まで、そう思っていたはずなのに、、、


その目標が、99%達成されるだろうと確信する今、
別の欲望に苛まれているゲンキンな自分にちょっと自嘲ぎみ。。。(笑)



まー、、、
ワタシ程度の人間なんてさ、、、
所詮こんなもんなんだよなー・・・(笑)



・・・。


・・・。。。




ってな感じで、
一人ウダウダとタソガレていると、、、

今更のようにセレモコ母さんが言った。


「あ、モコも出陳順1番めだ!  (←遅っ!  byマクハラ母)



そうか、、、
セレモコ母さんも2頭出しだもんな!


お互いツライな~~~(笑)


などと、
半ばヤケクソの乾いた笑いが、セレナ号の中に響き渡っていた。






s-DSC02066 (1)





そんな中で、
テンションが変わらないのはワンコ先生のみ♪



「仕方ありませんね~~~♪
やれることを精いっぱいやりましょ~~~♪




・・・。(マクハラ母)

切り替えられず、釈然としないマクハラ母。



・・・。。。(セレモコ母)

「え?え?すぐ出なきゃじゃん??、、、突如の緊張で言葉が出ないセレモコ母。。。





s-DSC02164 (3)







時刻は7時20分



よく考えると、
ウダウダしてる余裕はない。


とりあえず、
あわただしく審査手簿を書き、
ゼッケンをつけたり、ワンコたちに給水したりして、
再び時計を見れば、、、



時刻は7時40分



あと20分足らずで・・・、、、
8か月ぶりの出陣じゃないかっ・・・!






s-DSC02164 (1)-1




よしっッ!

切り替えるぞっ!
ウダウダ言ったって、1番は1番だ!

来られただけ感謝だっ!

「どうしても競技会に出られない」流れを変えられたってことなんだっ!!!
今回は、リンクに上がれた時点でワタシの勝ちなんだっ!
運命を切り開いたんだっッ!!!
 (←何事もオオゲサ。。。)




ハラスを車から出して、
ウォーミングアップをしている様子を見てもらうと、、、



「いいですね、
先週はどうなることかと心配しましたが、、、
今のハラスはとっ~てもいい表情をしています~♪
気持ちよくやってますよ~~~♪
そして、お母さんもとてもいい♪大丈夫大丈夫♪♪」




と、ワンコ先生♪





s-DSC02098 (1)





実は、、、
わずか1週間前のレッスンでのこと・・・


チームマクハラは最悪の状態を演じていたのだ。。。


やり馴れた作業のはずなのに、
これまで見られなかったようなおかしなミスが続出!

それも1頭だけじゃない、
マックスもハラスも示しあわせたように同じことをやってくるのだ。。。


正直、、、
かなり焦り、もうダメだと思った。




「正直なところ、1週間前のほうがゼンゼンよかったです。

お母さん、、、
何を悩んでいるのだかはわかりませんが、、、暗い!

お母さんが暗いから、
マックスとハラスは何をしてよいのかわからなくなっちゃってるじゃないですか。
表情が曇っちゃってますよ。そんな事じゃダメです!

どんなに悩んでいる時だって、苦しい時だって、
犬に悟らせるようじゃダメなんです!」




あの穏やかの音符♪先生に、そうたしなめたのだった。






s-DSC02099 (1)





そうだ、、、


切り替えるのだ!



このイタイケな子たちは、

母さんの気持ちひとつで、その表情が晴れたり曇ったり、
とても楽しくはしゃいだり、何をしてよいのかわからないほど戸惑っちゃったり、、、

そんなふうに単純に一喜一憂できるほどに、ワタシを見つめて生きているのだ。



だとすれば・・・、、、


・・・。


・・・。。。



短い彼らの時間を、
曇った表情で過ごさせたり、オロオロさせたり??

そんなことになるなら、
訓練やることなんてナンの意味もない・・・、、、
それどおろか、むしろマイナスになっちゃうんじゃない?



一番でも、ラストでも、
マックスやハラスにとってはどーでもいいことで、、、

母さんのこだわりのためだけなんだから。。。


だからそれは、
彼らがいないところで悩むことにしよう(笑) (←でも悩むのね(笑)





s-DSC02118 (1)





「遊びをせんとや生まれけむ」


楽しい♪、
楽しい♪♪、、と、、、
「生きること」を謳歌するために生まれてきた彼らなのだ。



一番手、、、

どんなに真面目くさっても、
審査員さんがこだわりそうなことにこだわってみても、だめなものはダメ。


何をやっても今日はトップはないのなら、、、


今回は、好き放題やってしまいましょ~~~っッ♪



とにかく今日はハラスに、
「楽し~~~♪♪♪」と思わせることを最優先のリンクにするよ♪♪♪




s-DSC02188 (1)





「さあ、そろそろ行ってみましょ~か~~~♪」
そう言って、
ワンコ先生が振り返った!


こうして、、、
マクハラ母さんは、
ハラスとの8か月ぶりのリンクに向かうことになるのであります♪


昨日は沢山のおめでとー♪をありがとうございまいた(^^)/
お返事はもうちょっと待っててくださいねー♪
頑張ったマクハラ君にポチッとぷりーず♪


にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open