FC2ブログ

MaxとHarrasの春夏秋冬

〜ゴールデンレトリバー マックス・ハラス兄弟のアルバム〜

rose

Post

その日まで~2018春季訓練競技大会~

2018
05
11
ring
さて、またまた



【プチ背景描写】



これまで、競技の結果が云々については沢山書いてきたけれど、
競技前のコンディションについてはあまり書いてこなかったように思う。


コンディションと言っても、
練習出来た出来なかったなどを含めた調子の良し悪し、
と言ったものではなく、、、

リンクに入る前の「精神状態の推移」、、、
的なものを言いたいのだ、と自分では思う(笑)






s-DSC06536 (1)-1
<2018/04/29撮影  出陳直前のハラス>





マクハラ母さんは、
こう見えて、意外と神経質なところがあり、、、


こと競技会の本番前などは、ワンコ先生でさえ、、、


「・・・~~~♪」 (←無言でも音符♪)


ってな感じで、、、



その生徒、凶暴につき、、、
「咬まれたくなかったらダマッてましょ~~~♪」


的な空気を醸し出したりする。





s-DSC01737 (1)
<2017/04/23撮影  出陳直前のチームマクハラ/昨年の春季本部大会にて>





普段は温厚なマクハラ母さんなのだが、、、(←・・・。。。 byワンコ組の皆様)


ひとたび競技会の日を迎えるとなると、
マクハラ君たちの競技全てが終了するまで、、、

チームの面々にとっては、
シャーシャー威嚇音を出してる「凶暴なハブ」 を相手にしているようなものになるのである




s-DSC02164 (1)-1
<2018/01/28撮影  出陳直前のマックス/千葉ブロック訓練競技会にて>




ことにリンクイン前なんかはピリピリが絶好調。


親切心から下手に、、、

「いつもどおりにやれば大丈夫ですよ~♪」

などと言おうものなら、、、



「・・・っッ!!!
先生ーーーっッ!
気休めなんてヤメてくださいっッ!!!」



と100倍のアダになって返ってくる。。。




s-DSC07247 (1)
<2017/05/14撮影  出陳前調整中のマックス/福島大会にて>




しかも、、、
だてに理詰めな性格も災いし、、、


「先生は何をもって、
『大丈夫ですよ~♪』なんて言えるんですかっッ?!!
根拠をお示しくださいっッ、根拠をっッ!!!」


と、八つ当たり的ににじり寄られる羽目となり・・・、、、





s-DSC06178 (1)
<2016/12/23撮影  ハブと化したマクハラ母に追い詰められるイタイケなワンコ先生>




更には、、、
生来の「闘争」に適した血の気の多さから、



「もっと言えばですねっ、、、
『いつもどおり』の定義も曖昧すぎて、
全くと言ってよいほど責任ある大人の発言とは感じられませんっッ!!」



ってな具合に、、、
イタイケな子ヒツジは不必要なまでに追いつめられるに至るのであります。。。






s-DSC06492 (2)-1
<2018/04/29撮影>





こうして、、、

一触即発の、猛毒をまき散らすハブおばさんと化すマクハラ母。





s-DSC06395 (2)
<2018/04/29撮影  マックスと>




そんなもんだから、


これまで、、、
自分の競技はダレにも見られたくない、、、
というのが本当のところだった。


人が存在することで、
紙一重のところで保っている微妙なバランスが崩れる自分がわかっていたし、
それが、、、マクハラ君たちに多大に影響することがわかっていたから。。。


そんな細い神経じゃいけない! 


、、、と、


メンタルを鍛えようにも、


数少ない経験しか持たない自分には、
「努力」だけでどうこう出来る問題でもなかった。





s-DSC04212 (1)
<2017/05/21撮影  決定戦前のチームマクハラ/埼玉大会にて>




訓練を初めて丸3年、
競技会に出始めて丸2年の春。



幼馴染の大好きなジョン君ファミリーや、
大親友レオナファミリーに、

マックスやハラスが毎晩頑張っていた練習の「晴れ舞台」を、
観てやってもらいたいっ!



そう強烈に思う反面、、、



ハブ状態の自分が、

「絶対ムリ、、、そんな余裕1ミリもない。。。」、、、と、
反抗的な態度をとる。。。



・・・。。


ってかさ・・・、、、


あんなハブ状態のおばちゃん見たら、
蜘蛛の子を散らすように、友達いなくなるんじゃね??!

ってな恐怖感もあったよな。。。ぎゃははっッ





<s-DSC06347 (1)
<2016/12/23撮影  神奈川大会にて>




そんなこんなで、、、


「いつかは観に来てね」
「今回はちょっと待ってね」
「次回は是非」


など、、、
で、、、気が付けば丸2年も経ってしまっていたわけだ。。。




s-DSC06858 (1)
<2018/04/29撮影>




今思えばね、、、


それは、競技の結果を最優先にする、
「良い成績を残す」ことへの執着だったのだと思う。


いつの間にか、、、
「競技会」が心から楽しめなくなっていた。
「競技会」までの長い長い練習の毎日も、苦しくてたまらなくなることもあった。



訓練を始めたばかりのころの、
何をしても楽しい♪、なんて感覚、
どう思い出そうとしても、思い出せない日が多くなってきていた。




s-DSC04907 (1)-1
<2018/03/18撮影  出陳前のマックス>




しばらくブログを書かない日が続いていたのだが、


実のところ、
3月18日の東京ブロックを終わってから、
本当に色々なことがあった。


これについては、
いずれ記録としてまとめておきたいとは思うのだが、
まだまだ自分自身混沌としているところがある。


その激震の時間を耐えに耐え、
通り過ぎてきた今、、、


マックスのこと、
ハラスのこと、
それを取り巻く全てのこと、


それらが、全く違った風景となって見えてくるのである。




s-DSC06353 (1)
<2016/04/29撮影  マックス/初めてのお預け期間中、第1回目の面会日に>




地球の裏側に来てしまったのか?
と思うほど、見えてくる景色が変わってしまったように感じられる。


見えてくる景色が変わる、、、
すなわち、
感じ方、考え方が一変したということなのだろう。




s-DSC06401 (2)-1
<2017/11/05撮影  ハラス/お預けの日の前日に5日早い3才の誕生日を祝して>




本部の大会直前まで、


本部大会に出られるか出られないか、、、以前に、
本部大会の存在すら忘れるほどの衝撃の中にいた。


大会4日前、
何事もなかったような、
いつもどおりの屈託のないハラスに戻り、


前日の土曜日、、、


「明日、行けそうだから行ってみようか!」
程度で参加を決意した本部大会となった。




s-DSC00843 (1)-1
<2017/04/22撮影  マックス&ハラス/昨年の本部大会前日にいつもの公園で>




その時の痛烈な思いは決して忘れない。



そうだ、、、

マックスもハラスも、
いつまでも競技会に出場出来るなんて約束、どこにもないんだ。


もしかしたら、
これが最後になることだってある。



なのに自分は、
いったい、何に囚われていたんだろう??




s-DSC05867 (1)




大急ぎでジョン君ファミリーに連絡した。


「よろしかったら明日、競技会観に来てくれませんか~~~??!
練習が全くできて無くてお粗末な限りかもしれませんけど、、、もし、よかったら是非!」





s-DSC06691 (1)
<2018/04/29撮影  ジョン君ファミリー>




そして迎えた当日、、、


会場の駐車場に車を停めるやいなや、
優凌母さんの屈託のない笑顔に迎えられた時、


「そーかぁ、、、きっと今日は、
チームマクハラにとっての「競技」が変わる日なんだね・・・」




瞬間的に、、、
そう思った♪



「気にせんでえーけ、、、
終わったらね~~~ぶわっはっはっは♪」




気を遣ってくれる優凌母さんが、
特にこちらには近づかず、自分の車に消えて行った。(←とはいっても、斜め前。。。)



そしてワタシは、、、
気がついたら、その後を追いかけていた。





s-DSC06567 (3)-1






「優凌かーさん、、、


ホント色々なことがあってさ、、、
マックスのことがあってからこの1ヶ月、まともに練習したのなんて2、3日だったかな。。。


いつもの公園にも行く気がしなくてね。。。
こんなんで競技会出るのなんて、ワタシ初めてだよ(笑)


でも、もしよかったら、、、
観てもえないかな?私たちの競技。


・・・。
大失敗しちゃったらごめんねぇ、、、なんだけど。。。」







s-DSC06445 (3)-1
<2018/04/29撮影  マックス/マクハラ母に競技の素晴らしさを教えてくれた優凌母さんと>






「うん、是非観せてもらうよー♪
失敗なんてね、なんちゃない♪あってあたりまえよぉ。
ワンコも人も、楽しめればそれでい~んじゃけー♪」







s-DSC06455 (1)




こうして、、、


競技会人生始まって以来初めて、
ワンコ先生たち以外の他の誰かと一緒に、リンクまで歩いた。


マックスやハラスが愛してやまないジョン君ファミリーは、
すこし遠いところから私たちの競技を見守っていてくれた。(←見つけたら確実に走ってくからね(笑))





s-DSC06421 (1)





母さんに「訓練」の存在を教えてくれた優凌母さんに、、、
ワタシとマックス、ワタシとハラスの3年間を観てもらえた気がした。



そうだ、、、

3年前のあの日は、
きっと今日のこの日につながっていたんだよね?





無題
<2016/02/13撮影   母さんとマックスの原点/一応、脚側行進のつ・も・り




2018年4月29日、
この日のことは忘れない。


1つのstageが幕を降ろし、
新たなstageが、晴れやかに幕を開けた、その日。


書き残しておきたいことがイッパイよぉ
ハリウッド女優ありがとー♪のマクハラくんにポチッとぷりーず♪


にほんブログ村

Comment

wax No title

犬と暮らすことって本当に面白いですね。
もちろん、訓練をしたマクハラママさん達と同列に全ては語れないかもしれないけれど。
私もノワとの毎日の中に葛藤や不安もあって、チキンなので私はまだノワが本当に幸せなのか?って考えたりします。

たくさん考えたり感じたりする事ができるのも、大切なワンコ達が側にいてくれるから。
未熟な私に大切な事を教えてくれているんだと改めて感じます。
ママさん、この後の記事。
とーーーーっても私たのしみにしていますね。

2018/05/11 (Fri) 23:18 | くるみ #ldZkwzAY | URL | 編集 | 返信

wax Re: No title

くるみさん

こんばんは~♪
コメントありがとうございます(^^)/

競技会等でバタバタしており、返信がおそくなってしまい申し訳ありませんでした🙇

>私もノワとの毎日の中に葛藤や不安もあって、チキンなので私はまだノワが本当に幸せなのか?って考えたりします。

くるみさん、
ブログで知り合ってからもうずいぶんになるけど、、、
くるみさんのスタンスは以前と少しも変わってないなぁv-290、、、
ってあったかい気持ちになりましたよ♪

もしマクハラ母さんがワンコだったら、
「この子はウチに迎えられて幸せよ」、、、
って心底思ってる飼い主さんのウチの子には、、、なりたくないからな~(笑)

くるみさんはチキンって言うけど、
「謙虚」なだけなんじゃないかな?

ワタシは「謙虚さこそ、日本人ならではの美徳」と思っていますから、
くるみさんのような方、素晴らしいな~、と感心てますv-290

はいっ!
前みたいなペースでは書けないかもしれないけど、、、
がんばって書きますよぉ~~~(^^)/楽しみにしててネ♪

2018/05/15 (Tue) 00:13 | Max&Harrasママ #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open