FC2ブログ

MaxとHarrasの春夏秋冬

〜ゴールデンレトリバー マックス・ハラス兄弟のアルバム〜

rose

Post

真夏の夜の夢~おかえりマックス~

2018
07
26
ring
今夜もどこかに雷が来ているらしく、
涼やかで心地のよい風が吹いている。



窓という窓を開け放つと風が良く通り、エアコンの必要はなし。



今宵はとても過ごしやすい♪





s-DSC07372 (3)




7月24日(火)夜


ワンコ先生に送り届けられ、
わが家にマクタンが帰って来た。





s-DSC04853 (4)





午後7時、



チャイムが鳴り、玄関から外に出てみると、
キレイにトリミングしてもらったマックスが、ワンコ先生に連れられ姿を現した。


父さんを見つけるや否や、

嬉しさのあまりワンコ先生を引きずる勢いで(笑)、
父さんめがけて猛ダッシュ!


「会いたかったよ♪会いたかったよ♪♪」


と、、、

うれしさ爆発、
喜びの舞いを舞い踊りながらまとわりついて来た♪





s-DSC06353 (1)
<2016/04/29撮影  マックス初めての合宿の年/初めての面会日にて>





ひとしきりまとわりついて、
ホッとひと息、、、落ち着くマックス



それと同時に、

「じゃぁ、ボクはこれで♪」

ワンコ先生がくるりと背を向け、車の方へ向かい歩き始めると、、、



「え?」

「え??」

「え???」




マックスにとっては、
予期せぬことにボーゼン・・・、、、
といったところなのだろうか、



首を伸ばし、
尻尾を水平から下斜め45度に緊張させ、、、

素晴らしいステイポーズを取ったまま、


「ウソだよね?戻って来るよね??」


、と、、、

ワンコ先生の動向から片時も目を離さない。




s-DSC09821 (1)
<2018/07/22撮影>




そんなマックスの姿を知ってか知らずか・・・、

ワンコ先生はエンジンをかけ、
車をバックさせると、進行方向に車を展開。

そのまま出発しようとすると・・・、



マックスはもうたまらない。



「待って!待って!!ボクはまだここです!!」

「へんへー、へんへー、置いてかないでっ!!!」




まだ若干足元が心もとないマクハラ父さんを引きずり、
玄関ポーチから階段を駆け降り、ワンコ先生を追うマックス。





s-DSC09779 (1)
<一ヶ月間、こうやって過ごしてたんだね、、、・・・ってか、先生・・・なんだか高校球児みたいになってね?>




それでも、、、
ワンコ先生は、


「じゃぁ、マックスまたねぇ~~~♪」、と、、、


音符♪をまき散らしながら、
車を発進させ、去って行ってしまう。






s-DSC04867 (2)
<へんへー、置いてかないで、ボクまだここにいるよぉ・・・、、、のマックス>





たまりかねたようにマックスが、


「クォンクォン、くぅ~~~ん・・・」
「ふぅんふぅん、きゅ~~~ん・・・」



と、遠吠えのような鼻鳴きをした。


リードがなかったら、
きっと、走って追いかけて行きたかったのだろうね?


ちょっとばかり、
胸がチクッと切なくなった・・・





s-DSC09697 (1)
<2016/07/02撮影  初めての合宿の年は「選別」訓練でした/卒業式にて>




そうだね、、、
マックス。


マクたんがワンコ先生と過ごした時間は、

この3年間のトータルで、
もうかれこれ半年以上になるんだもんね。。。





s-DSC00829 (2)
<2018/01/11撮影   2年目の合宿は「追及」訓練/警察犬試験に見事合格>




ずいぶん可愛がってもらって。



ワンコの本質を知り尽くしている訓練士であるワンコ先生には、

わが家にいる時より、
ずっと本来のワンコらしい可愛がられ方をしているに違いない。



わが家にいると、
どうしても人間的に扱っちゃうもんね。


それは別に、
どちらが良い、とか、悪いとか、
どちらにすべき、とか、すべきじゃないとか、
そーゆー問題じゃない。


ワンコが戸惑っちゃう?
ううん、そんなコトもゼンゼンないよ♪





s-DSC09812 (1)





ただマックスにとっては、、、


ワンコ先生って、

「先生」とか「訓練士さん」とか
そんな肩書の堅苦しい存在じゃなくて、


もう、

れっきとした
もう一人の家族なのかもしれないなぁ。。。



そんなことを思った真夏の夜の夢



大丈夫だよ、、、マックス
この暑さがおさまったら、またすぐに会えるからね♪



マックスにとってワンコ先生が家族ってことは・・・、、、
母さんにとっても家族なんじゃ~~~ん♪(←・・・。。。 byワンコ先生)
へんへー、、、帰らないでぇ~~~♪のマクタンにポチッとぷりーず♪


にほんブログ村

Comment

wax

マクタンおかえり〜〜〜〜〜〜♡

素敵な事ですね。
わんことして先生と過ごす時間は人と生きる犬本来の目的を叶えられているのかもしれない。
信頼無くしては絶対にできない事ですよね。
そしてわかっていながら先生が振り返らずさ〜っと♪だらけで去って行く。
すごいなぁ。偉いなぁ。(でも、実は先生車の中で泣いてるんじゃないかって予測 笑)

でもでも、おうちに帰ってきて、甘々の人っぽい扱いのゆる〜い日々も
マクタンやわんこにとって悪いものじゃないこともわかってる。
絶対家に帰ってホッとしたりするんだろうな。あ〜たまらんわって。

どちらも大切な時間ですよね〜
ママさんにとってもパパさんにとっても可愛い可愛いマクタンだもん。
おかえり、マクタン。
早く次の記事がみたいよ〜^^

2018/07/26 (Thu) 20:32 | くるみ #ldZkwzAY | URL | 編集 | 返信

wax Re: タイトルなし

くるみさん

おはようございます♪
コメントありがとうございます(^^)/

くるみさんのおっしゃる通り、
ワンコは「その時その時」の状況・環境をめいっぱい謳歌して生きているようです^^

初めてのお預けの時、
「寂しがってるのかなぁ~」なんて、飼い主の私たちのほうは感傷的になってたのですが、ワンコ先生からは「こちらの生活をメチャメチャ楽しんでますよ~~~♪」なんて言われて拍子抜けしたり(笑)

帰って来た時は帰って来た時で、
「ワンコ先生のところでワイルドな生活をしてきたから、お部屋の中で暴れまわったりするのかなぁ」などと思っていると、家に入ったその瞬間からお預け前と少しも変りない生活ぶりにもどったり。

ずっとずっと手元に置いておきたい気持ちはヤマヤマなのですが、、、
人間に比べ短い一生を生きるワンコたちだから、
出来る限り色々な経験をさせてあげたいな、、、などとワタシは私なりに思っています(*^^*)

ちょっと変わった「親心」ってやつですかねぇ(笑)(^^ゞ

2018/07/28 (Sat) 08:34 | Max&Harrasママ #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open