FC2ブログ

MaxとHarrasの春夏秋冬

〜ゴールデンレトリバー マックス・ハラス兄弟のアルバム〜

rose

Post

記憶色のアルバム

2018
08
27
ring
最近時々、、、
マクハラおばたんが、


「こんな記事みつけて笑った~~~♪」


と、、、


母さんでさえ忘れ去ってる古い過去記事を読んでは、
メールを送ってきてくれる。。。



脳みその弛緩を促すのに最適なのが
ゆる~いマクハラブログなんだとか。。。(←って、ちょっとぉ~~~  byマクハラ母)



本日、

「これメッチャ笑ったーハラチかわいー

と、送って来てくれたのが、、、
こちら(→『少年ハラスのNice to meet you ! 』




・・・。

・・・。。。




いや、、、ホントだ、笑える~(笑)

ちょっと、お願いっ、、、
よかったら一回読んでみて~~~(笑)


親バカで申し訳ないんだけど、

ハラチ、、、
めっちゃかわい~~~んだけどぉ~~~






ハラスー3





ブログを始めてそろそろ2年半。



その1本1本を、

毎夜毎夜、、、
その日に残されたありったけの力を注ぎ込んで書き上げて来たもんね?、、、
なんて思えるようになってきた今日この頃。。。



出来不出来は
棚上げさせて頂くことにすれば、、、



「こんなもんでいっかー
なんて惰性で書いた日なんて、1日もなかったなぁ~~~・・・



あ、いや、、、
「書かない日」はあったけどね、、、ばははっッ!





s-DSC00718 (1)





眠い目をこすりこすり、、、
マックスやハラスが一番可愛く写ってる写真を選び♪
マックスとハラスの一番輝いている瞬間を選び♪


マックスとハラスのありったけを描いてゆこう!


いつか、
君たちと永遠のお別れをする時が来たとしても、


母さんは毎晩毎晩
一番輝いていた「今日の君」を描き続けてきたのだから、、、


いつだって、
一番かわいかった君たちに会える!
一番輝いてた君たちに会える!!


そう信じて、
一生懸命その日その日を綴って来た。





s-DSC05413 (1)





もちろんね、、、


「可愛くない」時だって
「輝いてない」時だってあるんだよ。


それだって、どれだって、
私にとってはその瞬間を切り取って一生飾っておきたいほどの宝物だよ。






s-DSC_1844 (1)
<2018/08/11撮影  3回目の湖遊びの後、日陰で甲羅干しのハラス





でもね、、、


「思い出」には、
記録色より記憶色のほうがいい、、、


母さんはそう思ってるんだ。






s-DSC_1325 (2)





「記録色」「記憶色」という言葉がある。


人間が覚えている色を「記憶色」、
機械が忠実に再現した色を「記録色」、、、というのだそうだ。






s-DSC05009 (1)





人それぞれ好みは違うと思うけど、


母さんは個人的にそう思うからね、、、
「記憶色」として残すブログをつくろうと思って書いてきた。



だからね、

ワタシが綴る彼らのアルバムのイメージは、、、

空の青はどこまでも青く、
わが家を癒すように包む緑は、燃え立つような新緑。



そして、、、


わが愛しの少年たちは、

どこまでもどこまでも
屈託のない笑顔の黄金の子。


そう、、、

これは、、、
ワタシの「記憶」のお話。






s-DSC06482 (1)
<2017/06/04撮影  ハラス(手前)とモコ(奥)/霧ヶ峰にて>





マクハラおばたんのおかげで、
書いたことさえ忘れ去っていた可愛いハラスに会えた♪


幼くあどけないハラスに会えた♪♪



ハラスは、いつまでたっても幼くあどけない、、、

そんな風に思っていたけど、
この頃と比べると、随分逞しく、アタマも発達して、
立派な大人になったんだなぁ~~~



なんて、、、
なんだか不意に目頭が熱くなったりして。。。(笑)





s-DSC_2092 (1)
<2018/08/26撮影  ハラス>





これから少しずつ、

忘れ去ってしまったような過去の記事を掘り起こし、
ブログに再度登場させてゆこうかな♪


なんて思わせてくれた
マクハラおばたん、ありがとーーー(^^)/


継続は力なり。
っていうけど、

継続は宝なり♪

って嬉しくなっちゃった8月26日♪


今日もメチャメチャ暑かったぁ~~~(^^)/



忘れてたよ、「戸田マク子」(笑)、、、タイムリーじゃんっ??(笑)
そんな記事書いてたんだね~♪のマクハラくんににポチッとぷりーず♪


にほんブログ村

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open